イメージ

ハーブティーとは

ハーブティーと聞くと、外国からやってきたおしゃれな飲み物のイメージがありますね。一般にいうハーブティーとは、西洋諸国で昔から人々の生活に取り入れられてきたもので、自然の植物の効能を利用した健康飲料のひとつです。ハーブ利用の歴史は古く、旧約聖書にその記述があり、古代エジプトのパピルスにも記録が残されているほどです。ハーブティーとして飲用する以前にも、薬草として直接患部に塗布したり、お清めの芳香剤として儀式に利用されたりと、西洋以外でも世界中の人々がなんらかの形で生活に取り入れてきたのが、ハーブといえるでしょう。日本でも、古くから薬草による病気やけがの治療は、行われてきました。現在でも、私達日本人が、体調をととのえるために飲んでいる生姜湯、柚子茶などはハーブティーの一種といえます。世界中で利用されてきたハーブですが、ヨーロッパでのハーブ利用は特に発達し、愛用され、ハーブの種類も相当な数にのぼります。今でもヨーロッパの家庭では、体調を崩したら、お医者さんに行く前にまずハーブティーを飲むのが一般的ですし、お医者さんから薬を処方される前にハーブを薦められることもめずらしくありません。ハーブは、日本でもここ20年くらいの間にナチュラル志向の人々の間で、アロマオイルとともにポピュラーになってきています。ハーブティーのもととなる原料は、おもに植物の花、葉、茎、根、実で昔の人々が身近にある植物を上手に利用してきたことがよくわかります。実際、医学が発達した現代でもその効用は多くの人々に信頼されています。昔の人たちの大いなる知恵に感動させられます。

★注目サイト★
メスを使わない美容整形で、エイジングケアも行うクリニックです・・・美容整形クリニック

ハーブティーとは

健康に効果のあるハーブティーを、いくつかご紹介します。風邪、発熱、鎮痛にはエルダーフラワー、ペパーミント。咳や喘息にはワイルドチェリー。胃腸の不調には、ジンジャー、カルダモン。腹痛、下痢にはジャスミン。冷え症にはジンジャー、レモングラス。花粉症にはペパーミント、レモンバーム。肝機能改善にはダンデライオン。抗炎症にはマ・・・

美容に効果が期待できるハーブティーを紹介します。美白効果、シミ対策にはアルブチンを含むヘザーフラワー、ビタミンCとリコピンを含むローズヒップ。シワ、シミ対策には活性酵素を取り除く効果のあるローズマリー、ウコン。ビタミンC,新陳代謝を活発にするミネラルや、クエン酸などを多くふくむハイビスカスも美肌効果が望めます。甘味料・・・

ハーブティーを実際に飲んでみましょう。ポイントは、気軽に飲みたいものを飲むことです。まずは、食料品店のお茶売り場をのぞいてみましょう。カモミールや、ローズヒップ、ハイビスカスなどのハーブティーがティーバッグで売られています。疲れた時、就寝前などに、いつものお茶の代わりに飲んでみましょう。カフェインが少なく、優しい香り・・・